記事一覧

狼は牙を研ぎ大耳を喰いちぎる~ウルブス編・5年目、決着の時4

■CB■
zoumaww.jpg
CA:161 PA:171 怪我:9

danielww.jpg
CA:160 PA:169 怪我:11

ferreira2ww.jpg
CA:152  PA:185 怪我:10

patrik2ww.jpg
CA:151 PA:175 怪我:11

booth2ww.jpg
CA:150 PA:173 怪我:9

 CBは新人ばかりで育てる楽しみはあれど主柱となる選手がいなかったので誰か大物を招きたい、思っていたところに移籍リストに都合良く載ってきた大物、クル・ズマ。この箱庭内では2018年にチェルシーからバルサに78億で移籍していったが、2010年オフシーズンに45億というお買い得価格で出てきたの即捕獲、ブラシッチ亡き後のキャプテンに即指名した。やはりキャプテンはCBの選手であるべきだ、ズマが来てくれて能力以上に強豪クラブとしての核がしっかり出来上がったように感じて大変満足している。
 もう一人の新加入は架空選手のダニエルマルティン。アルゼンチン人で、メキシコのトルーカというクラブで活躍を続けてたのは知っていたのだが、代表歴が乏しいため以前は労働許可が降りないのに20億ふっかけられて過去に一度諦めたことがあるのだ。それが今になってひょっこり15億なんてお得な値段でリストに載ったので労働許可降りないこと覚悟で獲ったら、なぜか奇跡的に降りたラッキー極まりない展開。ユース3試合しか出てないんだぜ? 他のユースで在籍3年代表歴20試合に達してまだ労働許可降りない選手がいるのに、なんなのかこの極端な格差は。基準がわからなすぎるのは困る、ひょっこり降りると嬉しいってのはあるが。後の3人は育成枠だ、今年中に160近くまで成長はしてくれることだろう。

■GK■
batrandww.jpg
CA:160 PA:161 怪我:5

geta2ww.jpg
CA:151 PA:177 怪我:8

 ゲタチュウだけでもいけそうな気はするが、重要な試合の抑えとしてCA160級を置いておきたいと思いストークにいたイングランド代表バトランドを40億で招聘。ゲタチュウを育てたいので同格以下はゲタチュウ、同格以上はバトランドで切り分けていく。

 ということでこれでとうとうスタメン11人を全員CA160オーバーにすることが、ギリギリだができるようになった。5年経ってよその絶対的エースは大体引退したか劣化したので、もうウチにクラブ総合力で勝てるところは見つからない。育成中でも150を割る選手は出てこないので、格下に不覚を取ってリセットなんてこともまずなくなるだろう。取れるタイトルは取れるだけ取って、今年は目標である大耳の食いちぎりを達成したいと思う。オオカミこそ最強のけものであることを証明してやる! うー! がおー!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪男

Author:雪男
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ