FC2ブログ

記事一覧

ヤギさん半端ないって〜! リーガ制覇とか出来ひんやん、普通~FCケルン編・2年目、まあまあの補強

2menkn.jpg

 予算はあんまり出なかったけど、前年度リーグ3位・EC2位・国内カップ戦優勝の好成績で選手評価が上がってくれたおかげで高齢高年俸・低能力のクズどもをそこそこの値段で次々厄介払いできた。そこそこってほんとに2億とか3億とかその程度だけど、値段がつくだけタダでも売れないより百倍マシ。早い段階(ボスマン移籍解禁直後)から優秀な選手を抑えておいたのがここに来て効いてる、0円生活みたいな話だが金がなくても工夫次第で結構なんとかなるのがFMの最高に面白いところだ、今作はやりくりの難易度が上がってるだけにあの低予算でこれだけ有望な若手を多数集められたのは上出来と自分では思っている。
 いつものように何人かだけピックアップ紹介しよう。またしてもイェドヴァイがいるけどこいつを獲るのは俺のライフワークみたいなもんだと思って欲しい。いちいちもう紹介しないけど、7億で獲れたのはラッキーであった。

jyoelkn.jpg
CA:138 PA:150 怪我:6

 元アーセナル所属のコスタリカ代表。リアルでは今はフロジノーネ・カルチョという、今年初めてセリエAに昇格した弱小クラブに所属している若干都落ち感は否めない選手ではあるが、経歴重視主義のFMはこういう落ちぶれてすぐの選手の能力をすぐ落とすということをしないので逆に貧乏クラブにとっては狙い目だったりする。アーセナルとの契約最終年だったので1月に速攻声をかけ、移籍金0で獲得。左右どちらのウイングも天性という器用な奴で、今年はたまたま左サイドで他に大物が獲れて右サイドで獲れなかったので右サイドに入ってもらっている。元々移籍金0なので何十億かで売れたら超儲けものだ。

tyarhakn.jpg
CA:150 PA:160 怪我:5

 16億を投入し連れてきた、今年度補強の一番の目玉。ケイスケ・ホンダが去り空いた背番号10を受け継いだミランの希望の星…だったのだが最初はなかなかフィットせず10番の呪い継続中、なんて言われたりもしていた。といっても落ちぶれた今のミランには充分な才能は持っていることは間違いなく、強烈なインパクトこそ残せてはいないもののガットゥーゾの元で左ウイングのスタメンとして試合には出続けている。CA150オーバーはギリギリで世界トップレベルに達しているといえる数値であり司令塔としての能力もさることながら、フリーキック能力値18を持っておりピルロがいなくなった穴を埋めてくれているのが大変助かる。

jorentekn.jpg
CA:138 PA:155 怪我:7

 13歳からレアル・マドリーのユースにいる期待のエリート、20歳のとき2試合だけだがトップチームでも出場を果たしている。レンタル先でも大活躍していたのだが戻ってきてから中々出場機会を得られず移籍の話がちょくちょく出てくる。FM世界では契約最終年の正月にまっさきに声をかけたところ「もう少し検討したい」と返事を受けたが、その後4ヶ月くらいしつこくしつこく誘い続けてたらようやくシーズン終了時に渋々な感じで来て貰えた。金を払って来て貰うとしたら少々能力的には物足りないところではあるが、何しろ元手タダである。育てて売ったら何十億入ってくるか、それを想像して愉しむのがFMの醍醐味である。

koreakn.jpg
CA:139 PA:157 怪我:8

 セビージャから10億で譲っていただいた世界レベルの左ウインガー。リアルではラツィオに移籍している、アルゼンチン代表にも2試合だが出場経験がある。アルゼンチン代表の左ウインガーといったらディマリアなので彼が現役のうちは難しいかもしれないが、ディマリアももう30歳でアルゼンチン代表もメッシ依存からの脱却が必要な時期だ。ホアキンコレアはディマリアの後釜候補の一人なのは間違いなく、そういう将来性に期待しながら自分のクラブで使って愉しむのもまたFMの醍醐味である。

danilokn.jpg
CA:148 PA:160 怪我:4

 ダニーロはダニーロでもマドリーからマンCに移籍したダニーロ・ルイス(27歳)の方ではなく、ブラガからニースに移籍したダニーロ・バルボーザ(22歳)の方なのでお間違えなきよう。ブラジル人は登録選手名がいいかげんというかカブリを全然気にしないので、同名の選手が世界中で3人4人活躍していることも珍しくなく混乱するなという方が無理だ。とはいえこっちの若手ダニーロはU-20W杯で主将を務めたくらいのエリートであり将来的にマンCの方の実績を越える可能性も充分にある。ブラガが財政難に陥っていた影響もあってか8億というこの能力値からしたら激安のお値段で譲ってもらえて大変満足している。CMFの主柱として考えている。

 あとは面倒臭いから個別には書かない、このメンバーでとりあえずリーガを制覇する。FWに世界トップレベルを連れてこれなかったことに心残りがあるといえばある、3年目をやるかどうかは気力と展開次第だがまずはこの2年目を全力で楽しもうと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪男

Author:雪男
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ