FC2ブログ

記事一覧

春を待つ虎は欧州最強の座を虎視眈々~ハルシティ編・3年目加入選手

barugasuhl.jpg
CA:143 PA:156 怪我:5

W杯敗退後のアルゼンチン代表にさっそく選出された、リアルでは現在ベレスに所属している21歳の将来有望ウインガー。168cmながらテクニックに溢れ自らゴールも決められる「アルゼンチンのアザール」なる異名を持っており、契約の切れる次の夏移籍では争奪戦間違いなしと言われているらしい。このゲーム内ではセリエAアタランタに移籍していたが2.4Bで移籍リストに載ったため、ちょっと高かったがうちの戦術的に両サイドWGの能力は最重要なのでCA140超えている選手がどうしても欲しかった。アントニオマリンも現在CA145まで育っているので左WGだけはなんとかプレミアレベルには至ったと考えていいだろう。 

rafahl.jpg
CA:141 PA:146 怪我:9

ユーロ優勝ボーナスが終わってもなぜかいまだに優遇が続いているポルトガル人選手、リアルではベンフィカに所属している、ゲデスの控え序列ではあるが現役ポルトガル代表。銭ゲバ転売ヤークラブことベンフィカが珍しく1.25Bなんて良心的価格でリストに出していたので即ゲットした。その華麗なプレイスタイルから一部では「ポルトガルのアザール」と言われていたとか…って○○のアザールばっかりやないかい! アザールの高みまで上れないことはPA限界から既にわかってしまっているのがゲームの残念なところではあるがまあ141あればとりあえずWGとしてはギリギリの合格点である。いずれアップグレードしたいところではあるが。

soyunkhl.jpg
CA:135 PA:155 怪我:6

トルコ代表、リアルではレスター所属。このゲームではなぜかレスターで出場機会がなく、6億なんて激安価格でリストに載ったので争奪戦の末なんとか手に入れた(他クラブに行ったというニュースが出たらリセット→待遇少しだけ良くして再オファー、を繰り返していれば争奪戦はほぼ勝てます)。そこまで圧倒的に優れたDFというわけでもないのだが、うちくらいの残留争いクラブにはコストパフォーマンス的に素晴らしい補強であったと胸を張って自慢できる選手だ。いや争奪戦でズルしてるから胸なんか張れないけども。

tonarihl.jpg
CA:134 PA:156 怪我:2

リアルではセリエAブレシア所属、18歳にしてイタリアA代表招集を受けた「ピルロ二世」の二つ名を持つ神童…だがピルロに大きく劣るのが一目でわかるのが顔面の造形である。なんか大物に成長しそうな予感が全然しないヌボーっとしたツラ構えなのだが実力は確か。ブレシアが降格したため降格時最低移籍金条項5億が発動した、降格のニュースを見て出物探しで選手一覧順番に眺めてたらこいつが引っかかったので速攻オファーし競合クラブが出てくる前にさっと契約まで済ませた。降格クラブの出物探しは全シリーズ全シーズンで毎回必ずやってるけど、代表クラスが都合良く安い降格時最低移籍金かけられていて都合良く安く拾っていけたのって、もしかしたら初めてかもしれない。そこまで大して育つ選手じゃないけど苦労が実って手に入れた選手なので思い入れがある、ブサイクだし。リーダーシップとチームワークが高いので副キャプテンに抜擢した、ブサイク代表として。

あとはめんどくさいので割愛! 2年目後半からちょっとずつ勝ててきたので3年目はさすがに大丈夫と思いたい!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪男

Author:雪男
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ