FC2ブログ

記事一覧

春を待つ虎は欧州最強の座を虎視眈々~赤い悪魔退治

4fuyujyunihl.jpg

 冬移籍期間(1月)が終わって折り返しの時点。五敗しているが僅差の5位となかなかの好位置、CLは充分射程距離。今年はCL行ければそれでいいかな…っつーかリバポなんなん!? 僕の環境だと始まった2018年から2019年、2020年とプレミア圧勝3連覇し今年も未だ黒星一つついていない、無敗優勝の目まで見えている状態。クロップが途中でマンCに引き抜かれて今はアッレグリが監督やってるんだけど、とにかくスカウティングが優秀でCA160以上の超一流ばかりをハズレなく引き続けて全く隙がない、特にDF。得点がそこまで目立っていないのに一敗すらしないのはその失点率の低さのおかげだ、25試合やってたったの8失点! 点を取られなければ負けない、そんな当たり前のことを今更ながら教えられたような気分だ。この最強リバポに、リアルでの欧州王者に来年こそは一騎打ちで勝ってみせたい。本当は選手層からしたらあと3年は無理なんだけどね…
 さて昔から私のプレミア成り上がりシリーズを見ていただいている方々にはもう今更このランキングは不自然でも何でもないだろう。2年かけて大陸大会に出られないようにして少しずつ少しずつ体力を奪い主力を流出させ、超強豪→まあまあ強豪くらいまで落ちた今年満を持してフルリセット解禁で強制降格。そう、私のFMプレミア編名物「マンUの二部送り」である。まあお盆に先祖を送るような恒例行事みたいなもんだと思ってくれたらだいたい間違いではない。ここまで極端に勝ち星を奪うには結構な数のリセットが必要ではあったが、全く苦ではなかった。負けるごとにどんどん雰囲気が悪くなっていくマンUのコンディション確認画面を見るのが楽しくて楽しくて。ここを読んでくれている方々がドン引きするだろうことはわかっているのだが、楽しいんだから仕方ない。たかがゲームで自分が楽しいと思う遊び方をしなかったら何のために遊ぶんだ、と声を大にして言いたい。
 それにしても僕はいつからこんな病的なまでにマンUを嫌いになったんだろうな? 香川が大成功、とはいかないまでもマンUの一員と呼べるだけのノルマは達した一年目は間違いなく大ファンだった、深夜の試合も見れる限りは全部中継見たくらいには。ニステルローイやそれこそ現監督スールシャールが活躍していた頃から好意は持っていたし、だからこそS級レジェンド監督ファーガソンが香川を見いだしてくれたことが我がことのように嬉しかったのだ。そのファーガソンがいなくなってモイーズになったのはがっかりだったけど、モイモイはなんだかんだ香川の役割や使い方を終盤には掴みかけてたし一応は1.5軍程度には使って貰えていた、世間がバカにするほど僕はモイーズを無能だとは思っていない。もう一シーズンだけの時間と自由な予算を彼に与えていたら今ほどマンUは混迷していなかったんじゃないかなとさえ思っている。そうだな、結局僕の嫌いなファンハールが来てその後もっと大嫌いなモウリーニョが来て、一度は愛していたクラブを「高い金出して無能を買って安い金で有能を手放す」という笑いものにしかならないクソクラブにすっかり変革されたことが「許せない」という、恨みの感情が未だに強く残っているのがこのゲームでマンUを見るといじめたくなり目に入らない2部に送りたくなる最大の理由なのだと思う。そんなわけで次のシーズンマンUは2部行きが既に決定しています、とりあえずデヘアとポグバが最強リバポに合流しないでくれることを祈るのみだ。これ以上強くなったらマジもう止められん。
 
wc2022hl.jpg

 さて平行してやってるイングランド監督としてとうとうW杯が近づいてきて、一次リーグの組み合わせが決まりましたよと。スペインと同組になってしまったのは大誤算、一敗のミスも許されなくなってしまった。まあW杯だからミスったら普通にリセットするから別に死の組だろうがなんだろうがあんま関係ないけどそれでも! できたらリセットはなるべくしないで勝ちたいものである。W杯編はまた後日あらためて。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪男

Author:雪男
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ