FC2ブログ

記事一覧

水曜日の梟は夜の森で大耳を澄ます~シェフィールド・ウエンズディ編・4年目冬にまた2世が一人

4tykanjyuwed.jpg

 冬の中間結果。W杯があったので1月以降のスケジュールがきつい、3日に一回は試合がある。こうなると控えの選手層の質が重要になってくるもので、まだ育成途中の10代架空選手を多く抱えるウチにはきつい展開。予定ではもうちょっと上の順位だったはずなのだが7位。まあ勝ち点は僅差だし、CL圏内入れれば最終何位かには今年はこだわらない。あ、最下位のクラブについては今更深く言及しなくても大丈夫だよね? ここまで徹底的に勝利を与えないと選手のメンタルコンディションも全員ガッタガタ、負のスパイラルで面白いように負け続けてくれる。また監督が替わりそう、「いよいよ経営陣も我慢の限界」とか悲観的なニュース記事を読むたび心躍る僕はたぶんろくな死に方をしないだろう自覚がある。

4tyuisekiwed.jpg

 冬に200億出せる経済力って何なん? サンチョが132億に値する選手であることは認めるけども…夏にも200億くらい既に使ってんのよ? 200億さらに追加で使って補強してまだ財務裕福を保っていられる組織にあと1年2年プレイして「ノーリセットで倒せるようになりました! ふぅ~疲れましたw」とか言って誰が納得してくれんのっつー話になるよねどうしても。まあ今回はそういうの気にしないで楽しむって決めたので愚痴はこの辺にしとくけども。しかし予想通りチェルシーの超一流だけの厳選補強が実を結びつつある、控えまでしっかりCA160級が揃ってるから連戦にめっぽう強い。最後の壁は分厚そうだ…といっても正面突破で正々堂々と破れるとは最初から思ってないからどれだけ分厚くなろうとも別にどうでもいいんですけどね。そんなことよりこの冬移籍、ウチの補強は一人だけだったんだけどその一人が大当たりだったんですよ!

crywed.jpg
CA:145 PA:165 怪我:4

 ジャスティン・クライファートはオランダ代表のレジェンド、パトリック・クライファートの息子。まず経歴とかより何よりも親子揃って名前がカッコ良い、クライファートって誰がどう考えたってサッカー超上手そうやん。父と同じ名門中の名門アヤックスアカデミー出身、18歳でもうトップリーグでハットトリックを残すほどの才能を見せつけていた。19歳でローマに移籍し今も在籍中、CLで国外クラブ在籍オランダ人としての最年少得点を記録している。これほどの才能を22億などという超安値で連れてこれたのはだ、ローマとの契約更新を拒否していて自由移籍交渉が可能な契約切れ半年前に入っていたからである。もちろん自由移籍で連れてこれたら最高どころじゃない話だったのだが、ジャスティンさん自分の価値を釣り上げようとしていて「自由移籍での交渉はローマの条件提示をギリギリまで待ってからにしたいと考えている」と表示が出て交渉に入れなかったのだ。この状態は本当に契約が切れる6月末近くになると解除されるというか名のあるメガクラブがタダで連れてこようと一斉に交渉をかけに入るようになるので、そうなってからただの成り上がりであるウチみたいなクラブが声をかけてももう遅いのである。とんでもない賃金要求を飲まない限り、わざわざ名門の誘いを蹴って成り上がりクラブになんか来てくれないのだ。じゃあどうすればいいか、答えは簡単だ。自由移籍期間で自由移籍で来てくれないなら、所属クラブに移籍金を払って正規の手続きで独占交渉すればいいのだ。所属クラブ側もタダで出て行かれるくらいなら、という大幅割引をしてくれる、今回の22億という額がまさにそうだ。本当なら100億くらい払わないと来てくれない選手を22億で手に入れられたのだ、成り上がりクラブにはこんなありがたい話はない。しかもこれでウチはシメオネの息子に続いてレジェンド2世二人目である。往年のサッカーファンとしてかつてのレジェンドの2世をこの手で育て上げられる、というだけでもう鼻血が出そうなくらい嬉しい。シメオネと合わせて二人とも絶対手放さない。最後まで連れて行く。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪男

Author:雪男
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ