記事一覧

Leeds古豪復活編・16-17シーズンメンバー(前衛)

ではこれでCL優勝狙えると僕が感じているメンバーを順番に整理して並べてみよう。長くなるので前衛編、後衛編に分ける。
25人登録の中にクラブ育成4人・ホームグロウン資格8人が入っていないといけないので、枠埋めのためのゴミ選手を混ぜる必要があり(ほんとに鬱陶しいルールだよこれ)、もしかしたら一人二人枠に入れない可能性はある。基本的に同じポジションは紹介順が先の方が序列が上と捉えて欲しい。今回はCLに出るため、隠しパラメータである「負傷しやすさ」に加えて「重要な試合で活躍できるかの値」も考慮の対象とする。今更の再説明になるが、CAは現能力のこと。各パラメータに振り分けられ、そのポジションに必要な値ほど1伸ばすのに多くのCAを必要とする、ややこしいが結論を要約すればCAが高い=必ずしもそのポジションに必要な数値が揃っていると言い切れるわけではない(FKやPKを蹴らないのに数値が半端に高いのは無意味、キャプテンでもないのにリーダーシップが高くても無意味だ)が、選手としての総合能力を測るのに最もわかりやすい指標である。一桁の差は誤差でどうにでも収められるが、CA130の選手と150の選手にはやはり埋めがたい明白な差が出る。11人の団体競技なので一人二人CAで負けていても勝敗に及ぼす影響は小さいが、それが五人六人規模の差になるとチームとしての格の差が如実に現れる。八人九人の規模の差になるともう完全な格上・格下の試合になる。
PAは潜在能力のこと。個人差はあるがCAは練習や試合経験で20代半ばくらいまで成長を続けて、PA=限界値に辿り着いてしまったらそこが潜在能力の完全解放という扱いになり、成長は終了。後は衰えないよう維持することしかできない。CAの成長は個人差が激しいが成長率の良い選手で年に10~程度、20伸びた例は少なくとも僕は見たことがない。なのでPAは数年先までのチームのことを考えれば超重要ではあるが、成長とかいう以前にとにかく目先の一年を凌ぐ戦力が必要なチームにとってはそれほど重要ではない。あくまで将来ここまで伸びる、という限界値だ。PAの高さが試合に直接の影響を及ぼすことはない、あくまでもCAの数字を割り振って作られた能力パラメータの値がその選手のその時点での実力だ。レギュラー選びは「目先の勝利のため成長が見込めないけどCAは高い高齢選手」を使うか、「将来のスタメン定着を見据えてCAはまだ成長途中だけどPAがまだまだ残っている若手選手」を使うか、ここが頭の悩ませどころであり面白いところであるわけだ。
話が逸れてしまった、ではCAとPA、負傷しやすさと重要な試合(CL、リーグ首位攻防戦等)での活躍期待度の4つの数字を並べて紹介していこう。

■FW■

FWbenteke.jpg
CA:147 PA:160 怪我:10 重要な試合:13

我がチームの不動のセンターフォワードとして使い続けている…のだが、いまいちこう理想通りのターゲット役を担ってくれないのが若干不満。とにかくオフサイドに引っかかる、オフサイドに引っかからないスキルをわざわざ持っているのにだ。昨季のプレミアで最もオフサイドにかかったワースト選手という不名誉な記録をもらってしまった。ただ基本能力は高いので、自分で点は取れる。本当は2Bで売り払ってその金で貧乏セリエからもっとCAの高いFW(マリオゴメス154、デストロ151、ザザ150などなど)を連れてくる方がてっとり早い。もうちょっと積めば上位互換のマンジュキッチ(151)、イブラヒモビッチ(161)だって買えなくはない(イブラは週給40Mが出せずに断念したけど)。しかし俺はベンテケという今時珍しいターゲットマン中のターゲットマンであり、名前のかっこ悪さが一周してむしろクールなFWが好きなのだ。彼が僕の理想とするサッカースタイル(ターゲットマンにボールが入ってから二列目が躍動)を最も体現してくれる存在であると、昨年はできてなかったけどこれからできると信じているのだ。リーグにもCLにも最優先登録。俺の監督人生はもうベンテケと心中覚悟だ。

FWfuanmi.jpg
CA:150 PA:161 怪我:8 重要な試合:14

昨シーズン途中で確認した時にはまだ140代だったのだが、直前で計り直したら150まで成長していた。これは嬉しい誤算だ。というかぶっちゃけた話ベンテケを出すよりフアンミを出す方が安定して点が取れるんだよね…全部スタメンで出してればたぶん得点王狙えたくらいだったと思う。しかしベンテケ体張って疲れる→フレッシュなフアンミに交代、で昨シーズンはあれほど安定した成績が出せたわけなのでこの体制は崩さない。

FWtitya.jpg
CA:150 PA:156 怪我:6 重要な試合:15

新加入。マンUの契約更新拒否しているニュースを見てすぐタダで契約してやった。香川と一緒にマンUで苦労していたのを知っているだけ、愛をもって使ってやろうと思っていた、さっきフアンミのCA確認するまでは。まったくの互角とはねえ。向こう(フアンミ)はこれからもまだ成長が望めるのに対しこちらは年齢的にも能力下降が始まりかける頃。結局ウチでも居場所がない…こういう運命の男なのだろうか。マンUで干されて若さを無駄にし、ようやく逃げ出した先のウチでも干さざるを得ない状況になりつつある。ただ重要な試合に強い、という要素はCLで生きる。リーグはフアンミで登録しCLはチチャリートで登録、で今年は乗り切ろうかと思う。

■OMF■

OMFgerson.jpg
CA:150 PA:176 怪我:10 重要な試合:10

まだ19歳の称号ワンダーキッド、間違いなくPA176限界まで育ってくれるだろう我がチームの至宝の一人。OMF以外に左WB、CMFまでこなせるオールラウンダー、怪我しない限り外れる要素が逆にない。気持ち怪我がち、重要な試合では可もなく不可もなしというところだけが気になるがまあ今まで問題になってなかったしこれからもなるまい。

OMFpastore.jpg
CA:150 PA:175 怪我:7 重要な試合:16

新加入。PSGがなかなか契約更新しないからいいの? もらっちゃうよ? と契約申し出たら本当にタダで契約できてしまった。特に不満表明してたわけでも干されてたわけでもないのに契約更新してなかったという、今でも理由が謎の0円移籍。アルゼンチンの若き天才と言われていたパストーレもなんだかんだでもう27歳。PAは高いがジェルソンと違いもうここからは成長しないだろう。ただ左右のWBとCMFまで幅広くこなせる万能性、そして何より重要な試合にめっぽう強い部分はジェルソンより役に立つ。基本リーグはジェルソン、CLはパストーレを先発とする。

■LWB■

RMFkisyuna.jpg
CA:155 PA:178 怪我:8 重要な試合:12

我がチームの至宝中の至宝。CA155は既にウチの前線陣No,1の能力値でありながらまだ21歳、これからさらに伸びてメッシ級の化け物アタッカーに成長するだろう超逸材。一人でも点を取れるしキラーパスも出せる、おまけにフリーキックも決めるという鬼の攻撃力を付与してくれる。練習で左右両方のWBの天性を身に付けているのでどっちで出てもパフォーマンスが変わらないのも素晴らしい。

LMFbakari.jpg
CA:138 PA:176 怪我:8 重要な試合:13

キシュナと同じタイミングで加入して同じ練習を積ませるつもりだったのに、トレーニング内容一番軽くしてやっても「トレーニングがきつい」と常に不満を漏らすほどのサボり野郎であるバカリは練習の鬼であるキシュナと2年で結構なステータス差がついてしまった…138は十分に優秀な数値とはいえ、キシュナがいる限りどうしても控えに回さざるを得ない。カクタを手放してバカリを残したのはゆっくりでも成長はしてくれるだろうという楽観的予測があったのと、あと一年で貴重なクラブ育成ステータスがついてくれるから。クラブ育成ばっかりはよそから金で連れてきてどうにかすることができないので、バカリがクラブ育成ついてくれるとユースのどうでもいい名義貸し選手登録枠を一つ減らせて大変助かるのだ。まあこいつ練習しないくせに試合には出せ出せうるさいので、実際にはそこそこの頻度で下位相手なら出すことになるだろうけど。

■RWB■

LMFribeiro.jpg
CA:152 PA:161 怪我:9 重要な試合:11

昨年タダで棚ぼたゲットした現役ブラジル代表様。評価額がウチ唯一の40億越え。我がチームにおいてはキシュナがすごすぎるのとバカリが出場機会にうるさい事情があってスタメン固定には至れていないものの、この優秀すぎる数値はスタメンで出してかないともったいないので今年はもっと使っていきたい。ただなんというか、ボールを取られないキープ力とドリブル技術はキシュナに負けてないのだが試合に出すと点に結びつくプレイをあまり見せてくれないんだよな…戦術の問題なのだろうか? 結局左バカリ、右キシュナで出してる時の方が点がよく入ってる現実があるんだよな。ただの偶然だと良いんだけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukkykamakura

Author:yukkykamakura
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ