記事一覧

グランデミラン復活編R・2016冬移籍

zaza1.jpg

zaza.jpg
CA:148  PA:152  怪我:5 重要な試合:16

2/1移籍市場が閉まる最終日にとうとうFW7人(呆れたことに一人増やしてました)を抱えきれなくなったアホユーベがザザを捨て値で放出。はじめっからFW全員チェックリストに載せて(載せると何かその選手に関する動きがあるとニュースをメールしてくれる)、口を開けて落ちてくるのを待ってたのでペロッと美味しくいただいちゃいました。欲を言えばベラルディかモラタが欲しかったんだが…ザザは7人中3番目に欲しかったからこの値段で貰えて満足です。PAこそ低く成長は望めないがまだ24歳でこの立派なハゲっぷり、何より現役イタリア代表だ。イタリア代表を抱えること、それこそがかつて1908年(108年前!)、外国人の是非について非を唱え是とするインテルと袂を分かったミランのアイデンティティであり現監督である私もその伝統を受け継ぐ使命を帯びているのである…なーんて別にたまたま安く拾えたのがイタリア代表だっただけだけど。でも一応「できるだけイタリア人」という意識を持ってはいる、でなきゃレジーニなんて微妙な性能の馬ヅラ8億も出して獲らない。イタリア代表といえばバロテッリがそろそろリバポと契約が切れてフリー入団可能になるが…どうしようかな。PA170は確かに魅力なんだけど狡猾さ16(カードもらいやすい)、忠誠心8議論好き20MAXという見事に数字から超問題児を表現してるステータスなんだよね。議論好き20って超うざそう、リーズ編で議論13のバカリさえ3試合連続先発→1試合休ませる→試合に出せと言いに来る、が鬱陶しすぎて売却したというのに20なんて全試合スタメンでも文句言うんじゃなかろうか。ずーっと格安で移籍リストに載ったままどのクラブも獲らず契約が切れそうになってる辺りから巨大地雷の匂いがむんむんとする、傍から見てる分には問題児って面白いけど自分が監督の立場で自分の下にやってきたらたまらんだろうな。たまたまのタイミングなのかマジなのか真偽が定かじゃないけど、バロテッリという選手が一目でわかる写真がこれだ。

balo.jpg

何度見ても笑えるw こんなのフリーでも拾うクラブあるはずねぇよ…ってリアルではミランが拾ってるじゃねえか!! アホか!!


zapatasaigo.jpg

話を冬移籍に戻すと、ザザを拾う前に先にサパタを売った。2億で拾ってわずか半年できるだけ試合に出してバックの力で点を取らせてやっただけで9億5千万にして売ったから、投資としてはかなり上手くいったと自負している。直後にザザを諸経費入れて6億2500万で手に入れたので、全体としてサパタ→ザザに大幅性能アップしつつ差益3億2500万円を得るという素晴らしい経営術。僕もだいぶこのゲームが上手くなってきた。サパタ君あとは流し込むだけのラストパスを香川がお膳立てしてやらなきゃ一人じゃ何もできないでくの坊FWだったけど、フィニッシャーとしてはまあまあ役に立った。移籍の日に最後に一言適当に声をかけてみたら…

zapatataidan.jpg

恥ずかしながら、ゲームやってて涙ぐんでしまいました。こんな感謝のコメントあるのか、初めて見た…! いっつも大体移籍ってこっちの都合で追い出す形になって「また戻ってこい」と送り出しても「あなたが監督のうちは絶対にありませんから」とか冷たいこと言われてきたから、まさかこの半年のことを感謝してくれるなんて思いもせず。うう、書いてたらまた泣きそうになってしまった…ええ話やないかほんまに…金が全てやない、捨てたもんやないでこの世界も…

vardeimuzan.jpg

最後はこの冬移籍で悲しくも1億3千万なんて捨て値で売りに出されてしまっていたヴァーディについて。リアルではプレミアリーグ新記録の11試合連続ゴールを達成しレスターを首位に導き、2016年1月現在世界で一番話題を呼んでいるスーパーFWなのだが…この箱庭世界内ではレスターは降格圏を行ったり来たりしてるうちにラニエリがユーベに引き抜かれ、後任のレドナップがヴァーディをタダ同然で売りに出している。このゲームが発売された2014年時点でこの展開を予想できた人間など誰一人いなかったわけだから仕方ないとはいえ、こういう現実との大きな乖離を見せられると「ああこれ所詮プログラムで動いてるだけのゲームなんだよな」という冷めた気持ちになる。こういうのは割り切らないとやってけないけどね。とりあえず岡崎もらえないかなと交渉しようとしたら「EU圏外の選手だから2人までしかダメ」といつもの警告出るし。まじでEU外制限うぜえ…もう二度とセリエで遊ぶことはないだろう…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yukkykamakura

Author:yukkykamakura
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ